ぼったくりキャバクラの見分け方と対策・対処法

ぼったくりキャバクラの見分け方と対策・対処法

0 投稿者: 初めてのキャバクラ遊び

キャバクラを利用する時に、一番気がかりなのは“ぼったくられないか”ですよね。
ネットで『キャバクラ ぼったくり』と検索すると、恐ろしい体験談がずらり。

「キャバクラを利用したくても、ぼったくりが怖くて勇気が出ない……」
そんなあなたも、今回の記事をチェックすれば大丈夫です!

 

入店前にここをチェック!悪質キャバクラのポイント

初めてのキャバクラ遊び

ぼったくりを行う悪質キャバクラの場合、実は共通する特徴があります。

 

客引きをしている

客引き行為を禁止しているエリアが全国的に増えていく中、ぼったくり店は平然と客引き行為を繰り返していることが多いです。
客引きしているキャバクラ=ぼったくり、と思っておけば引っかかる可能性はガクンと減るでしょう。

 

ネットに情報がない

店名で検索しても、ネット上でまったく引っかからないお店は怪しいです。
公式ホームページがないけれど、健全に営業しているキャバクラは確かにあります。
しかしそういうお店でも、キャバクラの求人サイトなどで募集をかけたことくらいはあるはず。
まったくネット上に情報がないというのは、そうせざるを得ない理由があると考えて間違いないでしょう。

 

セット料金が安すぎる

キャバクラのシステムを理解しよう】でも書きましたが、セット料金は最低でも3,000円以上はかかります。
その額以下だった場合は、何か他にお金を取るカラクリがあると思った方が良いでしょう。

 

スタッフの身なりや態度が悪い

ぼったくりキャバクラの場合、トラブルに対応できるスタッフを揃えていることが多いです。
外国人、金髪&ピアスでチャラそう、威圧的で怖いなど、普通ではないスタッフがお店にいたら避けたほうが賢明でしょう。

 

もしもぼったくりキャバクラに入店してしまったら

初めてのキャバクラ遊び

では入店してから「なんか様子がおかしいぞ……」と思ったとき、どのような対応をするべきなのでしょうか。

 

料金の説明と料金表にズレがないか確認

まずは本当にぼったくり店なのか確認するためにも、料金をきちんと確認しましょう。
普通のキャバクラなら、料金の明示がわかりやすくされているはずです。
もしもスタッフの説明と料金表示が異なっていたり、料金についての明言を避けたりするようならかなり怪しいです。

 

すぐにお店を出る

とにかく、少しでも怪しいと思ったらすぐにお店を出ましょう。
ごちゃごちゃ揉めるのを避けるために、席に着く前に出て行くのが一番です。

 

支払いの段階でぼったくりに気づいたら

初めてのキャバクラ遊び

お店で接客を受け、会計を見てビックリ仰天!
支払いになって初めてぼったくりキャバクラだったことがわかったら、どのように対応すればいいのでしょうか?

 

減額交渉をする

明らかに不当な額だった場合は、その旨を伝えて減額交渉をしてください。
毅然とした態度で対応をすれば、お店側も落としどころを提案してくれるはずです。

 

納得する金額を置いてくる

もしも減額交渉がうまくいかなかった場合、自分の身分と連絡先をお店側に伝え、正当だと思える額を自分で決めて支払いましょう。
「これでダメなら弁護士を交えて法廷で争おう」と強気な態度に出てもいいかもしれません。

 

弁護士を呼ぶ

ぼったくり店は巧妙な手口を使っているため、警察に相談しても民事不介入で動いてくれません。
そのためどうしても一人で相手をするのがきついと思ったときは、弁護士を呼ぶのが良いでしょう。
ただし弁護士を呼べばお店にお金を支払わなくて良い…、ということではありません。
あくまでも身の安全を確保し冷静に話し合うために、という認識で呼んでください。

 

ぼったくり店撲滅のためにも、まずは自分がひっかからないことが重要です。
キャバクラ遊びをする際は、今回ご紹介したチェックポイントを思い出してくださいね。