キャバクラ通いがバレないための対策とバレた後の対処法

キャバクラ通いがバレないための対策とバレた後の対処法

0 投稿者: 初めてのキャバクラ遊び

彼女や妻がいても、キャバクラ通いがやめられないという男性も多いのでは?
でも万が一バレてしまったら、トラブルの原因になりますよね。
今回はキャバクラ通いがバレないための対策と、バレてしまったときの対処法をご紹介します。

 

キャバクラ通いがバレないための対策5選

初めてのキャバクラ遊び

ここでは、事前にできる対策をまとめました。
キャバクラに行く前に、必ずチェックするようにしましょう。

 

1. キャバクラでもらったものは持ち帰らない

キャバ嬢の名刺、割引券、ポイントカード、領収書などを見られたら一発でアウトです。
会社に置いておくか、捨ててしまった方が安心ですよ。

 

2. キャバ嬢に連絡できる時間帯を伝えておく

彼女や奥さんと一緒にいるときにキャバ嬢から連絡が来ると慌ててしまいますよね。
その様子を見たパートナーは、絶対に浮気を疑ってしまうでしょう。
そんなことのないよう、あなたが一人でいる時間をあらかじめキャバ嬢に伝えておくのが得策です。

 

3. SNSなどでキャバ嬢とつながらない

パートナーは意外とあなたのSNSを事細かにチェックしているもの。
もしもキャバ嬢とつながっていることがバレたら、トラブルの原因となります。
キャバ嬢のアカウントを見つけても、安易につながるのは避けたほうが良いでしょう。

 

4. あまりお金を使いすぎない

女性は意外と男性の懐具合を気にしているもの。
お金に余裕がないあなたの様子を見たら、きっと理由を探ろうとしてきます。
お気に入りのキャバ嬢にいい顔をしたいのはわかりますが、バレないためにはなるべく使いすぎないようにしましょう。

 

5. 家に帰る前に消臭スプレーをする

キャバ嬢は香水をしていることが多いです。
勘の良い女性の場合、残り香で浮気を疑う可能性があります。
家に帰る前に消臭スプレーなどをしておくのが良いでしょう。

 

もしもバレてしまったら

初めてのキャバクラ遊び

ご紹介した5つの対策を実践してもバレてしまった場合、どうすればいいでしょうか。

それは……もう謝るしかありません!!!
言い訳をする前に、まずは謝る。心から謝り倒すことが必要です。

 

パートナーが落ち着いてきて、聞く耳を持ってくれたらこっちのターンです。

「接待の時、必ずこのキャバクラに行くよう上司に言われてるんだ」
「二次会でキャバクラに誘われて、断りづらくって……」

 

など、あくまでも仕事上の付き合いであることを強調しましょう。
仕事を理由にすれば、一度目はきっと許してくれるはずです。
二度目以降は……かなり難しいと思うので、バレない対策を念入りにしてくださいね。