キャバクラのシステムを理解しよう

キャバクラのシステムを理解しよう

0 投稿者: 初めてのキャバクラ遊び

キャバクラに行きたい気持ちはあるけれど、どのくらいお金が必要なのかわからなくて躊躇している。
そんな男性もいるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、ここではキャバクラ利用時にかかる料金システムをまとめてみました。

 

キャバクラの料金システム~基本編~

初めてのキャバクラ遊び

まずは、基本編です!
「試しに一度、キャバクラへ行ってみたい!」
そんなあなたは基本編だけでもチェックしましょう

 

1. セット料金

キャバクラは時間制で、1セット(だいたい50分~60分)○○円という料金体系になっていることがほとんどです。
セット料金には席代、ハウスボトル飲み放題が含まれています。
大衆店だと1セット3,000円~、高級店だと10,000円程度が相場と言えるでしょう。

 

2. 指名料

特定の女の子から接客を受けたい場合、指名をすることができます。
指名料は場内指名か本指名かによっても異なりますが、1セットあたり1,000円~3,000円程度です。

 

3. 延長料

1セットだと話し足りない!もっと女の子と一緒にいたい!
そういうときは、延長することも可能です。
延長は30分単位のところが多く、料金は3,000円~5,000円ほど。
自動延長を採用しているキャバクラもあるので、注意してくださいね。

 

4. サービス料と消費税

支払いをする時はすべての料金プラス、サービス料と消費税がかかります。
サービス料と消費税が別々にかかるお店もあれば、消費税込みのサービス料を提示しているお店もあります。
全体の料金の15%~30%ほどがプラスされると思っておけば、間違いないでしょう。

 

5. クレジットカード手数料

クレジットカードで支払う場合、お店によって10~20%ほど上乗せされることがあります。
現金支払いが一番オススメですが、どうしても手持ちがない場合は手数料を確認しておきましょう。

 

キャバクラの料金システム~応用編~

初めてのキャバクラ遊び

ここからは応用編です!
よりキャバクラが楽しめる、+αのシステムをご紹介します。

 

1. キャバ嬢へのドリンク料

お客さんは基本的に飲み放題ですが、実は女の子のドリンクは別料金。
1杯につき、1,000円~3,000円ほどかかります。
ドリンクをお客さんからもらえると、女の子にはバックが発生するという仕組みです。
そのため第一声で「何か飲む?」と声をかけると、女の子はあなたを良いお客さんだと認識してくれるはず!

 

2. ボトル料

飲み放題のボトルとは別に、有料のボトルも用意されています。
安いものだと数千円、高いものだと数十万以上というものまで!
有料のボトルの場合、女の子も一緒に飲むことができるため、
女の子に毎回ドリンクを飲ませるより安上がりになることもあります!

 

3. 同伴料

気に入った女の子を見つけると、お店以外の場所でも会いたくなるのが男と言うもの。
そんなあなたの希望を叶えるため、キャバクラでは『同伴』というシステムがあります。
女の子と一緒に食事をしてからお店へ行くことで、料金は3,000円~5,000円程度が相場です。
また、食事の代金も男性側が支払うのがマナーです。
その辺もきちんと考えてから、同伴に誘いましょう!

 

キャバクラの料金システムをしっかり理解して、無理のない遊びをしてくださいね!